バードウォッチング趣味の楽しみ方

野鳥の生息環境に足を踏み入れて、自然の状態の鳥を観察してみましょう。

 

鳥の鳴き声を聞いたり、姿を探し当てたり、その行動を観察し記録してみる事で、鳥の世界は非常に変化に富んでいる事が解って、とても面白い趣味となります。

 

バードウォッチング

バードウォッチングとは

野鳥を観察する趣味の事です。

 

鳥のさえずりを楽しんだり、美しい姿をたのしんだりとありますが、もっといき着く楽しみは、鳥の生態や行動までを知る事です。

 

奥が深く、感動や発見までもが楽しめる趣味になります。

 

スポンサード リンク

変化に富んだ世界

野鳥の世界は、季節や環境によって、住んでいる種類も違えば、同じ種類の鳥でも、時期によってその生活も違っていたりと、とても変化に富んでいる世界です。

 

その為、バードウォッチングは、いつでも、どこでも楽しめる趣味として、近年、益々人気の高くなっている趣味です。

楽しみ方

鳥はどれも、色や形や鳴き声は、とても美しいものです。

 

鳥の観察に、こうしなければいけない!や、鳥の何を見なければいけない!という決まりは、一切ありません。

 

鳥の美しい姿を観ているだけでも楽しいですし、美しいさえずりに聞き惚れてても良いでしょう。

 

地方に珍しい鳥を求めて、出かけてみるなんていうのも面白いです。

 

けれども、鳥を観察する事で、より多くの喜びを感じたいと思ったら、やはり鳥の生活のあり方を探るという観点にたって、生態や行動を知っていくというのが良いです。

 

このような観察をすれば、どんな身近な鳥の暮らしの中にも、驚きや感激に満ちた色々な発見をする事が出来ます。

 

バードウォッチングの楽しみは、美しい姿を見る。心地よいさえずりを聴く。姿を探しあてる発見。などがありますが、やはりじっくり観て、生態や行動を観察するというのが、最高に面白くなっていく楽しみ方です。

フィールドを持とう

鳥の暮らしを観察するには、自宅近くに観察場所を持つのが良いです。

 

そこは簡単には破壊されたり伐採されたりしない所が良いです。

 

フィールドには、出来るだけ頻繁に出かけるようにします。

 

すると始めは何も解らなかったにも関わらず、段々とどんな鳥が棲んでいるのかや、その鳥達がどんな行動をするのかが解ってきます。

 

そうすると思ってもみなかった、行動や習性がある事に気付いて、益々興味が湧いて来ることになります。

 

常に驚きと感動に満ちた時を過ごす事が出来ます。

 

こうして一年も観察を続けていくと、その場所でかなりの種類にのぼる鳥達を見る事ができます。

 

四季を通じて数々の鳥達の生活をかいま見る事が出来ます。
そしてもう一度あの鳥を見たい!
あの習性を良く知りたい!
おかしな行動は何?と
興味の尽きない面白さに夢中になっていきます。

地図を持って行こう

1000分の1くらいの地図を持っていきましょう。

 

その地図を持ち歩いて、見聞きした鳥の位置、その時の行動などを地図の中に記していきます。

 

この記録は、自分の宝であり、後から観察の結果をまとめる際にとても役立ちますし、テリトリーなどを調べる時などにも、欠かせないものになります。

観察の道具を持って行こう

鳥を見に行くときは、赤などの派手な色は避けて、驚かせない服装にします。

 

履物は、林や草原であればズックやワークブーツ、水辺であればバードウォッチング長靴などが良いです。

 

観察道具は、双眼鏡やスコープ、ノートに筆記用具。

 

じっくり観察するには、双眼鏡は必需品で、7倍から9倍くらいのもので、明るくて解像力の良いものを選びましょう。

 

ディスカントなどでも売っていますが、この手のものは止めた方が良いでしょう。

 

倍率ばかりが高くて、視野が狭かったり、解像力が非常に悪かったり、光軸がずれてしまったりで、結局は使い物にならず、結果買い換えて高い買い物になってしまうので、初めからしっかりしたのもを選びましょう。

 

野外で使うノートは、フィールドノートと呼ばれるもので、小型で表紙の硬いものが良いです。