山歩き趣味の楽しみ方

春夏秋冬のハッキリしている山岳国の日本は、自然の宝庫です。

 

山には掛け替えの無い美しさと美味しい空気が待っています。

 

頂上に着いた時は清々しさや達成感は他では味わえないものがあります。

 

山歩き

山歩きとは

山歩きは、趣味として山を歩く事ですが、そのスタイルは様々あります。

 

低山を2〜3時間程度の行程で歩くハイキングからアルプスに登るようなアルピニストまでその楽しみ方は色々です。

 

以前の山歩きは『登山』で、《より高きに、より困難に》でしたが、現在は多様化、大衆化して初心者も手軽に始められるようになりました。自分に合ったスタイルで楽しめます。

 

スポンサード リンク

山歩き趣味

『いい年をして登山なんて難しいのではないか』と考える人もいるかも知れませんが、なんと登山者の半数は中高年なんです。

 

しかもその中高年の約半数が始めて10年以内の入門者。山歩きを始めてみようか、と、ためらっている人にとっても心強いたくさんの仲間がいて、とても始めやすい趣味といえます。

 

定年後の生活を愉しむには、経済と健康と生きがいを見つけることだと言われています。

 

山歩きはそのすべてを十分に満たしてくれる要素を持っている趣味です。

心の健康も山に行く理由

中高年の登山ブームもやはり第一の理由は健康への願いに発するものです。

 

山歩きは健康維持に大きな効果があると言われます。

 

ウォーキングやジョギングも健康法として広く行われていますが、登山はそれらの運動よりも更に運動量が大きく、体内の脂肪を燃焼させて肥満を防ぎ、また血糖値を下げ、肺の機能を促進するなどの効果があると言われます。

 

それを愉しみながらやれるところに良さがあり、つまりは精神面の健康にも良いという事でもあります。

夫婦共通の趣味になる

色々な趣味はありますが、中々夫婦2人が共通の興味を持って愉しむ趣味というのは以外にも少なかったりします。

 

しかしながら、山歩きは夫婦2人が共に楽しめる趣味になります。

 

山を歩いていて良く見かける微笑ましい風景に、夫婦がお互いを助け合い、ひとつの共通の目的に向かって歩く姿は、とても羨ましくあります。

 

山歩きは夫婦仲が良くなる事も受け合いです。

気持ちも若くオシャレにチャレンジできる

登山ショップを見渡せば、カラフルな衣類や靴などがあります。

 

街で着ようと思えば少し気恥ずかしさを感じてしまうくらいの派手さです。

 

しかし山歩きには街で着るものよりも1ランクも2ランクも派手なものを着て、オシャレに山をエンジョイするのが良いのです。

 

『遭難防止に派手にしてるのよ』などと理由付けにはしていても、皆さんオシャレも愉しんでいるのです。

 

爽やかな原色を大胆に組み合わせてみても、それが登山スタイルだとピシッと決まります。

目標を持って楽しむ

山歩きは経験がものをいう世界ですから、継続こそ力です。いろいろな目標を持って愉しみましょう。

 

日本百名山に全部登るや一等三角点の名山を目指す、海外名山にも出かけるなどがあります。

 

また日本の山々は春夏秋冬で色んな顔を持っています。

 

山歩きは歩く事だけが目的ではなく、別な趣味を活かす事が出来る事も魅力のひとつです。

 

写真を撮る、スケッチをする、俳句や短歌を詠む、花や野鳥を観察・・・数えたら切が無いくらいあります。

 

山を歩く事を愉しみ、合わせて自分なりの表現でその時の情景を残すもの愉しいでしょう。