定年と旅行をテーマにした書籍で学ぶ

定年と旅行をテーマに色々な書籍があります。

 

定年後に旅行を趣味にしたいなと思っている人に参考になりそうな書籍を集めました。

 

参考に!

定年からの鉄道旅行のススメ

定年後は電車に乗ってゆっくりとした旅でもしたいな!と思っている人は多いのではないでしょうか。

 

それだけ鉄道旅は魅力的です。

 

移動手段としての鉄道ではなく、途中下車しながらの鉄道の乗車自体を楽しむ旅です。

 

でも、どんな風に楽しんだら良いのか解らないという人もいます。

 

電車に乗って旅をするだけと言えばその通りですが、やはりもっと充実して奥深い旅をしたいとも思います。

 

そんな鉄道旅行をしたいと思っている人におススメなのが《定年からの鉄道旅行のススメ (新書y)》です。

 

 

書籍の内容紹介を引用しましょう。

日本で味わえる鉄道の旅は多彩である。ゆったりとローカル線に揺られる愉しみもあれば、個性的な私鉄やユニークな観光列車に乗っても面白い。「青春18きっぷ」を片手に普通列車の旅をしても、豪華な特急車両に乗車すれば、少しトクした気分になれる。初めて訪れる街を路面電車の車窓から満喫してみたり一風変わった駅で途中下車してみるのも鉄道旅行の醍醐味だ。時間にも予定にも縛られない鉄道旅行の魅力をカリスマ「乗りテツ」の著者が伝授する!

 

乗り鉄とは、電車に乗る事を趣味にしているような人の事です。

 

この人達は、鉄道に乗って楽しみ方や楽しむ方法などをたくさん持っているものです。

 

この乗り鉄である人が執筆している定年向けの鉄道旅行の書籍なのでとても参考になると思います。

 

序章は『やはりローカル線の旅』という内容で、津山線、姫新線、名鉄のローカル線、関東鉄道などの穴場的の旅が紹介されています。

 

今まで鉄道旅行をしたことがなかった人も、これを読むと自分のペースで旅ができそうな気になるはずです。

 

そんな書籍です。参考にどうぞ!

 

定年後は夫婦でこだわりの海外旅行をしよう

定年を機に夫婦で海外旅行でもしようか!と思っている人もいるでしょう。

 

この時にちょっとしたコツや知恵を持っておくと、旅行の思い出はグレードアップするものです。

 

せっかくの旅行なので、より楽しむ為に少しの予備知識があると良いですが、そんな時に少し参考になる書籍です。

 

 

内容紹介を引用しましょう。

時間をかけてじっくりと自分の興味あるところを楽しむ旅をしませんか。旅の計画から、シティ派やアウトドア派のためのプラン、著者が勧めるこだわりのプランなど、シニアだからこそできる旅を紹介します。

 

定年を迎えようというくらいなので、夫婦の時間もとても長いものです。

 

永い夫婦生活ではやはり山あり谷ありで平たんな道のりを歩んできた訳ではないはずです。

 

そんな夫婦も、老後生活は仲良く暮らしていきたいと思うものです。

 

夫婦で旅をする時に、ちょっとした工夫で良き関係性に戻ろりたいですね。

 

街を楽しんだり自然を楽しんだりと、良い知恵とプラン作りの参考になる書籍です。

 

 

じゃらんには夫婦をテーマにした海外旅行などもあります。

 

書籍を参考にしながら素敵な旅を楽しんでみてはどうでしょう。

 

定年欧州自転車旅行

この書籍は著者が定年退職後に5か月を掛けて、ストックホルムからモロッコのタンジールまでの約8000kmを自転車旅した旅行記です。

 

 

この書籍を参考にして自分もすぐに行ってみようとはならないですが、旅の疑似体験ができるような面白味のある本です。

 

本当に欧州サイクリングに行ってみようかなと思えてくるくらいです。

 

旅行の行程は、デンマークのコペンハーゲンからスタートして、スウェーデン、デンマーク、ドイツ、オランダ、ベルギー、ルクセンブルグ、またドイツ、フランス、スペイン、ポルトガル、モロッコ、最後にまたスペインに戻っての7883kmです。

 

この旅の記録には思わず引き込まれるはずです。

 

国民性や物価などの違い。マナーの良さや途中で美術館に立ち寄ったりなどもしています。

 

そんな旅の姿はまたアクセントになっていて、読みながら疑似体験ができるようです。

 

こんな旅をしてみたいな〜と思いながら読み進めるのも良いでしょう。

 

他の書籍

定年と旅行という2つのテーマを一冊にした書籍はあまり多くはないです。

 

でも、探せば他にもあると思います。

 

書籍と言えばアマゾンなので、他にも”定年と旅行”での書籍があるか探してみてくださいね。

 

 

スポンサード リンク