御朱印収集趣味の楽しみ方

お寺や神社を旅した際に貰える御朱印を集めてコレクションにしましょう。

 

御朱印を集める趣味は、そこを訪れた記念に御朱印を頂き、コレクションにして楽しむ趣味です。

 

御朱印 収集 趣味

御朱印とは

御朱印とは、お寺や神社に参拝した証に頂くもので、墨書に朱印が押された印状の事です。

 

お寺のご本尊の名前、神社の名前などが墨書されて、そこに朱の印が押されたもので、書かれる文字や押される印は、寺社によって異なります。

 

スポンサード リンク

難しさと始めやすさ

御朱印は訪れたお寺や神社で頂くものなので、特別な難しさはありません。

 

自分のお気に入りの御朱印帳を用意して、後は訪れた寺社で書いて頂きます。

 

近所の寺社から始めればすぐにも始められる趣味になります。

 

ただ、御朱印のコレクションというのは、その場所に行き、その場所で書いてもらいながら集めて行きます。

 

つまり、その場所に自分で行かなければいけない事が、多少の難しさになるかもしれません。

御朱印コレクション

御朱印も、紙に墨書されて、朱の印が押されていると寺社で授与されるお札と同じように思えますが、御朱印はあくまで”参拝したあかし”になります。

 

ご利益を求めるものではありませんが、単なるスタンプなどでもありませんので大事に扱います。

 

御朱印の最大の特徴は、一つひとつが手書きされる事です。したがって同じ文字であっても、唯一無二のものなのです。

 

つまり、御朱印収集は、自分だけのオリジナルコレクションになるので、御朱印帳に書かれる順番は、自分次第で変わっていきます。

 

そして、各寺社によって書かれる文字も印も違います。

 

書かれた文字も、書く人によって筆さばきやかすれ具合など、味わいは様々なので、御朱印は世界に一つだけの自分の収集が楽しめる趣味になります。

御朱印の面白み

御朱印は何らかのご利益を求めて集めるものではない!とはいえ自分なりの願いをかなえる為に御朱印を集めるのも面白いものです。

 

良縁を求めるなら、縁結びの神様の御朱印を集めてみるや、受験や資格試験を目指すなら、学問の神様の御朱印を一冊に集めてみる、なんというのも楽しい収集の仕方になります。

 

他にも、健康の神様、勝負ごとの神様、歴史上の人物を祀る神社などなど特色ある神社やお寺はたくさんあるので、自分なりの願をかけたり、ジャンルにこだわって集めてみるのも御朱印収集の楽しみ方です。

 

自分なりに御朱印帳のテーマを持って集めていくと素敵なコレクションになっていきます。

 

近年は、めぐり巡礼をする人も増えています。めぐり巡礼とは、四国八十八ヵ所や西国三十三ヵ所などの、決められた霊場(札所)を巡拝する事で、願いがかなうとされる修行の旅です。

 

このように目的を持って御朱印を集めれば、おのずと訪ねるべき寺社は限られてきます。

 

漠然としていた旅の目的が明確になると、旅の思い出の御朱印ではなく、御朱印集めがメインとなる旅もより楽しくなるものです。

御朱印コレクションの始め方

お寺での御朱印の頂き方は、御朱印はあくまで参拝したあかしなので、必ず参拝してから御朱印を頂くようにします。心静かにお参りがすんだら御朱印を頂にいきます。

 

有名寺院では、納経所や御朱印受付などがあるので、その窓口に持って行き、『御朱印をお願いします』で書いて頂けます。

 

観光化されていない寺院では、住職さんにたずねてみると、本堂で書いてくれることも少なくありません。

 

御朱印代は300円が多数で、中には500円くらいだったり、『お気持ちをお納め下さい』(志納)などがあります。志納や何も書かれていない場合でも300円程度は支払いますので、お釣りのないように小銭は準備しておきましょう。

 

神社の御朱印も頂き方は同じです。参拝を終えてから、社務所やお札の授与所での受付が一般的です。御朱印代も300円が一般的です。

 

お寺と神社も同様ですが、御朱印を出していない所もありますし、御朱印を書く人が不在の場合もあります。あくまで御朱印は寺社側の好意と受け止めて、無理にお願いはしないようにしましょう。

 

御朱印集めはとても人気があるので、御朱印関連の書籍がたくさんあります。

 

書籍を参考にして、頂ける寺社を探したり、どんな御朱印が頂けるのか?またどんな風に頂いたら良いのか確認してから行ってみましょう。

 

始めよう

御朱印を頂ける寺社を確認する為の書籍と、御朱印を書いてもらう御朱印帳を用意すれば、素敵な御朱印コレクション趣味の準備はOKです。

 

御朱印帳の用意だけは忘れずに!

 

 

さっそく出かけてみましょう。

スポンサード リンク