書籍パズル趣味の楽しみ方

頭を使って楽しむ趣味は沢山ありますが、パズルはまさに思考を楽しむものです。

 

基本的ルールが分かれば、後は頭を使って解を導くもので、最高の頭の体操にもなる遊びです。

 

書籍パズル 趣味

 

面白い書籍パズルをやってみましょう!

書籍パズルとは

 

図示された問題に対して答えを徐々に書き込むことによって、最終的な解答を行う形式のパズルの書籍のことです。

 

『迷路・漢字パズル・クロスワードパズル・虫食い算・覆面算・間違い探し・シークワーズ・ナンバープレース』など色々な種類があります。

 

スポンサード リンク

書籍パズルの魅力

パズルの魅力は、論理的な考察と試行錯誤によって解くことを目的とした娯楽の遊びです。

 

答えが解けそうで、中々解けない不思議な魅力を持ちながらも、最終的な答えが一つに行き着くのがパズルの良いところです。

 

そのパズルを手軽に、尚且つパズルのテーマごとに遊べるのが、書籍パズルの魅力です。

 

書籍パズルの良いところは、書籍によって色々なパズルがあり、それを手軽に楽しめるところです。

 

パズルと似たものに、クイズがありますが、クイズとの違いは、クイズは数々の知識の中から、答えを導き出すものですが、パズルは知識ではなく、思考から来る謎解きなので、始めやすくて面白い趣味になります。

書籍パズルの始め方

パズルの始め方は、一定のルールを理解するだけで、後はコツコツと問題にチャレンジしていくだけです。

 

パズル雑誌は、それぞれのルールが明確に説明されているので、一冊の書籍を用意して、あとは問題を楽しんでいくだけです。

 

書店でも、一つの棚がズラッと並ぶくらい、沢山のパズル雑誌があるので、気楽に興味のある一冊から初めてみましょう。

 

一冊500円前後と、とてもお手軽なので、気楽に始められるでしょう。

書籍パズルの種類

クロスワードパズル
カギと呼ばれる文章のヒントを元にして、タテヨコに交差したマスに言葉を当てはめて、すべての白マスを埋めるパズルです。

 

漢字パズル
漢字の豊富な表現力、その字体や読み、熟語などに関する様々な特徴を利用したパズルの事です。

 

ナンバープレース
9×9の方眼状のマスを使い、同じ縦列・横列・3×3のブロック内に1から9までの数字を重複しないように埋めるという数字パズルです。

 

スケルトンパズル
クロスワードパズルとは違って、あらかじめ入る言葉が指定しています。この単語には何らかの共通項を持たせることが多いですが、知識は必要としないパズルです。

楽しみ方

書籍パズルの中でも、雑誌のパズル誌から初めてみましょう。

 

書籍パズルの中には、本格的な難解パズルについて考察されてる書籍や、パズルを解く側ではなく、創作する側の書籍なども沢山あります。

 

パズルの雑誌は、もちろん簡単な問題から難解な問題までを、解くことを楽しむ雑誌なので、一番パズル趣味を始めるのに、始めやすいものであります。

 

パズル雑誌の種類は、ビックリするくらい多いものです。

 

『パズル』とひとつのジャンルではあっても、パズルの種類が違えば、その解きかたは、違ったものになります。

 

考える事が楽しい趣味ですが、パズルの種類が違えば考え方も変わって、常に思考の遊びが楽しいめる趣味になります。

 

パズルは、簡単な問題でも解ければ楽しいものです。

 

答えは一つなので、コツコツと正解に向かい、到達した時は、達成感を十分に味わえます。

 

安価で楽しめて頭の体操としても最適な趣味です。