黒メダカを飼う趣味の楽しみ方

黒メダカは、海水魚や熱帯魚のような体色の派手さはありません。

 

体型も金魚のようなユニークの体型ではなく、子供がお魚さんの絵を描けば大体は似た感じになるポピュラーな体型です。

 

そんなちょっと地味な黒メダカですが、地味ゆえの良さがあります。

 

黒メダカ 趣味

黒メダカとは

水槽は、日本の田舎の小川をイメージして作り、そこに数匹の小さな黒メダカが群泳で泳ぐ姿!

 

とてもほのぼのとした気持ちにさせてくれる趣味になります。

 

昔から、川などで泳いでる野性のメダカの事。メダカは昔から品種改良され、現在は沢山の種類のメダカがいます。

 

その中でもヒメダカは江戸時代より愛されて、観賞魚ショップでメダカと言えばヒメダカの方が一般的になりました。

 

黒メダカは品種改良されたメダカの原種と言えます。

 

スポンサード リンク

黒メダカを飼うと?

日本の野生メダカは観賞魚として見た時に、熱帯魚や海水魚と比べると明らかに地味な魚です。

 

しかし観賞魚を飼う時に観賞魚に求めるものは、派手な体色ばかりではありません。

 

魚を眺めていて心が癒されるのは、魚の持つ綺麗な体色もありますが、それだけでは無いはずです。

 

澄んだ水の中を気持ち良さそうにスイスイと泳いでる姿にも、見ている方は癒されるのではないでしょうか。

 

好みの分れる所ですが、派手な魚は好みではないと思う人には、日本の野生メダカの群泳飼育が面白いです。

 

田舎の小川をイメージした水槽内に、体長3cmほどの小さな魚が群れをなして泳いでる姿は、一瞬で『ほっ』させてくれる懐かしさがあります。

 

小さな小さな魚が群泳で泳ぐ姿を楽しみたい人にはピッタリの黒メダカです。

飼いやすさ

小型の水槽や温度変化の厳しい場所では、大切に育てる為にヒーターやサーモスタットは必要ですが、大きな温度変化の無い環境ではそれほど気を使わなくても大丈夫な魚です。

 

メダカは熱帯魚ではなく、温帯に生息する淡水魚なので、屋外で自然と飼う事の出来るとても飼い易い観賞魚ではあります。

 

黒メダカは、日本の小川に自然と住んでいる魚なので、元々環境に適しているといえます。

楽しみ

魚を飼う楽しみの中には、一匹でその存在感を十分に味わえる魚を飼う楽しみもあります。

 

しかしメダカの楽しみ方は、数十匹を飼ってその群泳を観賞するのが、可愛く魅力のある飼い方です。

 

そして水槽内も日本的なイメージの水槽を作ってみると、よりメダカの可愛さが引き立ちます。

 

派手さはないのに何故かホッとして、愛しい可愛さがあり、奥深い魅力を感じられる魚です。

価格もお手軽

黒メダカはショップでは、一匹数十円ととても安価ですし、近所の小川などで獲ろうと思えば獲れる魚です。

 

生体の費用はほとんど掛かりませんし、飼育セットも初めだけ揃えてしまえば継続費用もほとんど掛からないペットになります。

 

育てやすく費用も多くは掛からないペット趣味になります。

 

メダカ趣味を始めるのも飼育セットから始めると、とても簡単に始める事が出来ます。

 

メダカを育てよう

 

群泳を飼育を楽しみましょう!