犬を飼う趣味の楽しみ方

コンパニオンアニマルとは伴侶動物ともいわれます。

 

生活を充実させるために飼育している動物に対しての特別な感情を示すために使われ始めた呼称ですが、犬はその伴侶として最も適した動物です。

 

犬 趣味

犬とは

単なる愛玩物・所有物としてのペットではなく、「人生の伴侶」動物として、犬は最高のパートナーになってくれます。

 

現在のイエイヌは人間の手によって作り出された動物群でありますが、犬は元々、最も古くに家畜化されたと考えられる動物です。

 

ネコ と並んで代表的なペットまたはコンパニオンアニマルとして広く飼育され、世界中で親しまれています。

 

犬種については国際畜犬連盟 (FCI) が公認する331犬種を公認し、そのうち176犬種を登録してスタンダードと定めている動物です。

 

スポンサード リンク

仲良しになれる動物

とにかく仲の良い仲間的なペットが良いなら犬でしょう。

 

理屈抜きに犬は最高のパートナーになってくれる動物です。

 

動物を飼う目的に、眺めて楽しむ観賞用と、触れ合って共に生きる伴侶として共に生きる事を楽しむ伴侶動物があります。

 

この共に生きる伴侶動物として犬は最も適した生き物で、子供として、仲間として、家族として最高のパートナーになってくれるのが犬という動物です。

犬と言う動物

犬は人間を仲間だと考えています。犬は他の犬だけではなく、同じ家で生活している動物たちも仲間です。

 

もちろん人もです。

 

犬は強い仲間意識を持っていて、仲間と仲間でないものを区別します。

 

だから知らない人が家の周りをうろつけば、吠えて家の人に注意するように知らせるし、家族が危ない目にあっていたら助けようとします。

 

人が動物と暮らし始めた最初の動物は犬ともいわれ、その歴史は数万年前まで遡ります。

 

やがて、猟犬や番犬などの使役犬として使われ始め、現在では愛玩犬といわれる仕事をさせる為ではなく、愛玩目的で飼育され発展してきた小型で可愛らしい犬種もたくさんいます。

犬は恩を忘れない?

犬は恩を忘れない動物や思いやりがある動物と言われる事が多々あります。

 

飼い主が自動車にひかれそうになった時、犬が主人のズボンをくわえて引き戻したや家族の誰かが転んでヒザを擦りむけばヒザをペロペロなめてくれたりします。

 

人間が思う恩を忘れないとは少し違いますが、犬が本来持っている仲間意識や忠誠心、愛情が強い動物なのでその様に思えるといえます。

 

一緒に暮らす動物に求めるものが、触れ合いならば犬は最高の相手といえます。

愛犬探し

成犬のサイズを確認しておきます。

 

子供の時には小さくても成犬になると大きくなる犬種もあります。

 

大きく分けて小型犬、中型犬、大型犬があるので、成犬になった時の大きさを確認してから犬種を選びましょう。

 

その他にも、抜け毛が少ない、無駄吠えが少ない、しつけがしやすい、臭いが少ない、人に慣れやすいなど犬種によってタイプがあるので、しっかり考えてから選びましょう。

 

一度飼い始めれば15年くらいは一緒に住むパートナーになります。

費用

飼い始めに必要なものは、
畜犬登録が3000円。
狂犬病予防注射が年に一回3500円。
健康診断が3000円〜
混合ワクチン接種が2回で16000円。
生活用品も食費や犬小屋、首輪やリードなども必要になります。

 

万一の病気に備えて保険などに入るのが一般的です。
保険スクエアbang!/ペット保険資料一括請求 などが参考になります。

 

注射などは飼う上での義務ですが、保険や生活用品は義務ではないです。

 

飼い始めてから毎年掛かる費用は、
食費は犬種などによって変わりますが、ドックフードで年間3万円から4万円くらい。
ペットシーツは年間で1万円〜
その他の生活費
狂犬病予防接種3500円・年1回
混合ワクチン接種8000円・年1回
フィラリア予防薬10000円〜体重により変動
ノミ・ダニ予防費10000円〜体重により変動
健康診断費用4000円

 

家族として向かえる以上は、それなりの費用は掛かる事は理解しましょう。

 

犬は最高のパートナーになってくれます!