囲碁を楽しむ為に必要なもの

囲碁を趣味とするのに、必要なものやあったら良いものなどを紹介。

 

スポンサード リンク

必要な物

囲碁を趣味にするのに、最低必要なものは碁盤と碁石です。

 

ただ、これも厳密にいえば無くても出来ます。TVゲームやネット対戦、囲碁サロンなど外でしか囲碁は指さないという人には、碁盤と碁石さえも無くても囲碁を楽しめます。

 

ただ、本当に囲碁を趣味として始めるのに、無くても大丈夫かといえば、やはりあった方が断然良いでしょう。

 

囲碁は、2人の対戦だけが楽しい訳ではなく、書籍や自分の対戦の棋譜を見て、一人で石を並べて勉強したり研究するのも楽しいからです。

 

その研究手を実戦で試していくのが、面白味を何倍にもしてくれるものなのです。

 

絶対になければ囲碁が出来ないというものはありませんので、あれば便利や助かる、もっと囲碁が面白くなるといったものを紹介します。

碁盤と碁石

碁盤と碁石は、数万円や数十万円の大変高価なものもありますが、逆に安価なものもたくさんあって、碁盤と碁石のセットで3千円台からあります。

 

初心者でこれから始める人は、5千円前後のものを選べば永く、それなりに満足して使えます。

囲碁入門書

始めに合った方が良いものの一つです。

 

たくさん囲碁を指さないと上達はしませんが、闇雲にやるよりはしっかり基本を理解してやり始めた方が上達が早いからです。

 

入門書は一冊二冊あれば良いでしょう。

囲碁の定石書

定石は、永い歴史の中で最善の手をお互いに打った一定の打ち方の事をいいます。

 

多くの定石を知る事も上達への道で、特に序盤は定石かされています。

手筋書籍

手筋は通常より大きな効果を挙げることのできる着手のことを言います。

 

意外性を含んだ効果的な手を指すことが多く単に「筋」(すじ)と呼ぶこともあります。

 

手筋を身に付ける事が棋力アップにも繋がります。

詰碁

囲碁の部分的な死活を問う問題のことで、どのように打てば自分の石を生きにもちこめるか、または相手の石を殺すことができるか、すなわち死活を考えるものであります。

囲碁を始めよう

囲碁を趣味として始めて、続けていく中で必ず必要となるものを紹介しました。

 

入門書は基本が解れば良い書籍ですが、定石書は囲碁に夢中になればなるほど、いろいろな定石の書籍が欲しくなっていくものです。

 

自分の型を持つのはもちろんですが、同時に相手の型を破る為の戦い方も知りたくなっていきます。

 

手筋や詰め碁は、一人で書籍を見ながらも楽しめますし、盤に並べながらも楽しめます。頭の体操としても、簡単ながら効果は大きいです。

 

囲碁に必要なものを揃えて、早速囲碁趣味の始めましょう!