旅の写真趣味の楽しみ方

感動的な写真を撮るなら旅が良いです。旅先は好奇心をかき立てる様々な出会いがあり、季節により変わる自然の表情は、常に大きな喜びを与えてくれます。

 

多忙な日常から、ゆとりの時間が持てた時に、人は充実した日々にしたいと思うものです。

 

旅写真 趣味

感動的な出会いを撮ろう

しかし何をして良いのか迷いがある人もいるでしょう。そんな気力も体力も充実している人は写真趣味が最高の趣味になります。

 

カメラを持って早速出かけましょう。

 

日常とは違う出会いがあるのが旅の魅力で、常に新しい発見や新鮮な感動を与えてくれるのが旅です。

 

その旅ならではの素敵な瞬間の時や、場所を形として残せるのが、旅の写真趣味の魅力です。

 

足の向くまま気のむくまま、カメラを持って旅に出ましょう。

 

スポンサード リンク

自然風景に出合おう

日本の自然は四季があり、四季折々の美しい彩があります。

 

春には桜が満開に咲き、見るものすべての人の心を奪う美しさがあります。

 

夏には、自然と海に山にと行きたくなるものです。秋には言葉では表現出来ないような美しい紅葉があり、そして冬には一夜にして、まったく別世界にしてしまう雪景色があります。

 

自然は時間によっても様々な表情を変え、旅先での感動的な夜明けの透明感や、ロマンティックな夕焼けなどは僅かな時間しか美しいさを見せてくれません。

 

自然の素晴らしさと出会いに行きましょう。

花に会いに行きましょう

高原や草原に咲く花に合いに行きましょう。

 

自然の中で、花を自然の一部として見るのではなく、一輪の花の可憐さに出会うと思わず感嘆の声が上がってしまうほどの喜びがあります。

 

花の美しさに感動したときがシャッターチャンス。一輪の花にグッと寄って、フレームいっぱいに大きく写してみましょう。

 

一輪ならではの美しさを知って、一輪の花に合いに行きましょう。

石仏に出合おう

旅に出ると、町の片隅や自然の中に同化する様に石仏があります。

 

石仏は長い年月を風雨に耐え、変わらない歴史を感じさせてくれます。

 

多くの人の願いを込めて造られた石仏は、その表情に心休まる優しさがあります。

 

旅の目的を野仏にして、カメラを向けると、子供の時の懐かし風景が蘇って、古き良き時代を感じる旅を楽しめる事が出来ます。

古民家の温もりに会いに行こう

民家は地方により特長があります。長い歴史の中で、自然環境に融合するように造られている為、地方色豊かな古民家はいろいろあります。

 

しかし古民家はいつまでも保存されている訳でなく、年々減っているのが現実です。写真の原点は記録する事なので、今が最後の撮影チャンスかもしれません。

 

素敵な集落や街並みを撮りに行きましょう。

寺社を訪ねてみよう

歴史に興味があるならば、史跡を訪ねる旅もあり、古い寺社巡りは楽しみの一つです。

 

山門や本堂から感じられる歴史。時を経て古色を帯びた木肌は重みを感じる事が出来ます。

 

寺社には、見逃してしまいそうな場所にまで、素敵な造形美が隠れていたりします。そんな発見をしながら、一枚一枚に残す魅力があります。

お祭りを楽しもう

日本各地には、それぞれの特長を持った祭りがあります。

 

その特長を写真に収めていくのも魅力的ですし、お祭りの躍動感を静止画の写真に表現するのも、またお祭り写真の楽しみ方です。

 

村里にはためくのぼりや、聞こえてきそうな笛や太鼓の音を写真に残してみましょう。

 

祭りの写真はスナップ撮影が主体になるので、人の動きの軽快感や躍動感を感じてみましょう。

一眼レフカメラ

手軽に始めるにはコンパクトカメラですが、趣味として写真を続けていくと、やはり一眼レフカメラが欲しくなってしまいます。

 

昔の一眼レフはかなり高価でしたが現在はお小遣いで手が届きそうな5万円台くらいから、かなりの高性能な一眼レフが販売されています。

 

ダブルレンズキッドなどは、カメラ本体と標準レンズに望遠レンズもセットになっているものもあって6万円くらいからあります。

 

ここくらいから写真の面白味はグッと増すので、興味のある人は色々と探してみると良いでしょう。

カメラを学ぼう!

わずか3ステップ!プロが教える一眼レフカメラ上達講座3弾セット

 

 

一眼レフカメラで思い通りの写真が撮れるようになる講座です。
これはDVDで学べる講座ですが、プロの写真家が分かりやすく解説しているので、一眼レフを使いこなせるようになります。

 

写真教室よりも上達が速い!自宅でラクラク上達♪一眼レフカメラ講座

 

 

トップ | 写真趣味一覧