紅葉写真趣味の楽しみ方

四季の変化に恵まれた日本において、秋の紅葉の美しさは特別な自然美があります。

 

独特の紅色を撮りましょう。表現出来ないような美しさを、自分の一枚に残す喜びを楽しみましょう。

 

紅葉写真 趣味

紅葉

紅葉はその年によって、美しさに差がありますし、尚且つ最盛期はとても短く、すぐに色あせてしまいます。

 

なので美しい紅葉のタイミングに出会ったらそれだけで最高です。その美しいものを、最高の形で残しましょう。

 

紅葉は北から南へ、高峰から山麓に降りてくるので、情報を集めて見事な紅葉に出会いましょう。

 

スポンサード リンク

紅葉の撮影

紅葉撮影の絶対条件は、何よりも彩りの美しい被写体を選ぶ事です。

 

全景撮影はもちろんの事、美しく輝く部分やクローズアップも狙えます。

 

効果的なライティングで捉えることがポイントですが、秋の光は幸いに細い為立体感は付けやすいでしょう。

 

秋の空は、美しく澄んだ日が多いので、青空と紅葉の組み合わせも重要なフォーカルポイントです。

自然とは柔軟に対応しよう

紅葉が芳しく良くない年でも諦めずに、丹念に美しい被写体を探しましょう。

 

全体が芳しくなくても、一部でも美しい被写体があればこれを集中的に写しましょう。

 

美しい部分や彩の鮮やかな葉のクローズアップなど、その場やその時で写し方のバリエーションを考えながら臨機応変に撮りましょう。

色バランスを考えて撮ろう

紅葉には様々な色があり、必ずしも紅色に染まる木ばかりではありません。

 

安易に写してしまうと色数が多くなり、インパクトの弱い写真になってしまいます。

 

全景撮影か部分の切り取りか、撮影意図をしっかり持ってフレーミングしましょう。自分がどこに感動したかを確実に狙って撮りましょう。

紅葉撮影のポイント

紅葉を撮るのに光の扱い方が大切で、逆光を積極的に利用しましょう。

 

どこに感動したのか狙いを明確にしましょう。

 

木洩れ日に輝いて、異常なほど美しいと自分が感動した所を確実に撮りましょう。順光の光でも日の出前の早朝なら光は優しいので、紅葉の微妙な彩を表現するには絶好の光です。

 

僅かなチャンスを狙って最高の紅色の紅葉を撮りましょう!

カメラを学ぼう!

わずか3ステップ!プロが教える一眼レフカメラ上達講座3弾セット

 

 

一眼レフカメラで思い通りの写真が撮れるようになる講座です。
これはDVDで学べる講座ですが、プロの写真家が分かりやすく解説しているので、一眼レフを使いこなせるようになります。

 

写真教室よりも上達が速い!自宅でラクラク上達♪一眼レフカメラ講座