雪の情景写真趣味の楽しみ方

雪は、見慣れた風景を一夜にして白銀の世界に一変させます。

 

写真を楽しもうと考えた時に、白銀の世界は見逃すことの出来ない素晴らしい情景です。

 

雪 写真 趣味

 

魅力ある雪景色を撮りましょう。

雪の情景

降り積もった雪は、地表の雑物を隠してくれるので、風景写真に有利な条件になります。

 

そして広大な風景ばかりでなく雪面が演ずる造形の美しさは一際魅力があります。

 

スポンサード リンク

雪の情景の撮影

白銀の世界といっても、太陽に照らされた雪や日陰の雪、降雪の雪など色々な雪風景があります。

 

その白い雪を表現するのは難しく、露出決定が写真の成否を決める重要なポイントになります。

 

白く美しく撮るには、カメラの標準露出より二分の一絞りずつ3段階ぐらいオーバーに露出補正して撮ってみましょう。

 

日陰や曇天の時は雪は灰色に近いので、露出補正はあんまりしなくても良いでしょう。

 

降雪シーンには、暗い風景などを選んで白い雪を引き立てる工夫も必要です。

雪の撮影ならではの対策をしよう

雪の中での撮影です。しっかりと防水、防寒対策をした服装が必要です

 

。尚且つ動きやすい事も重要。ズボンと靴の間に雪が入らない長靴も用意しましょう。

 

その他にも、カメラは湿気に弱く、付着した雪をタオルで拭き取る事なども大切です。

 

また、電池は寒さに弱い為に性能が低下して、露出などの動作が鈍くなる事もあります。

 

雪の撮影には予備の電池も忘れず用意したいものです。

雪の情景撮影のポイント

白銀の世界を撮影するには、白を強調する為に他の色を大胆に入れる工夫も必要です。

 

素晴らしく晴れわたった青空では、積極的に青空を入れて、青空の広がりと雪の白さも強調してみるのも良いでしょう。

 

白いキャンパスに描かれた影模様も、影から白の美しさが引き立ちます。

 

積雪の美しさは、逆光や斜光を選ぶ事が重要です。

 

白さ故の難しさ、工夫、美しさ、そして魅力を表現する楽しさを満喫しましょう!

カメラを学ぼう!

わずか3ステップ!プロが教える一眼レフカメラ上達講座3弾セット

 

 

一眼レフカメラで思い通りの写真が撮れるようになる講座です。
これはDVDで学べる講座ですが、プロの写真家が分かりやすく解説しているので、一眼レフを使いこなせるようになります。

 

写真教室よりも上達が速い!自宅でラクラク上達♪一眼レフカメラ講座