中国語を学ぶ趣味の楽しみ方

一つの言語を学ぼうと思った時に、当然ながら学んだ後の活用を考えるでしょう。

 

その時に、現在における中国語の魅力は、計り知れないものがあります。

 

中国語 学ぶ 趣味

 

中国語を学んでからの、活用の場の多さが魅力です。

中国語とは

まずは、その中国語を使用している人の世界的な絶対数の多さ。そして今や、日本に来る観光客の多さも中国語を学ぶ魅力といえます。

 

中国語は、中華人民共和国や台湾、シンガポールの公用語で、尚且つ、世界各国にいる華僑・華人達の間で話されている言語です。

 

中国語を母国語にする人は、約12億人もいて、第二言語の人も2億人もいると言われており、世界最大の話者人口を有する言語です。

 

スポンサード リンク

目的を持とう

語学を学ぼうと思った時に、必ず上達する為に必要な事は、学んだらどうしたい!という希望や未来像をはっきり持つ事です。

 

中国語が話せたら、こんな事をしたい!や、こういうことに活かしたい!と話せたらこんな事が出来るんだ!と夢を持って学ぶ事です。

 

これが語学を学ぶ上で、上達も早いですし、途中で挫折しない秘訣です。

 

すでに中国語を学ぶ事の、目的がはっきりしてる人は、その夢に向かってとにかく頑張りましょう。

 

しかし、まだ、はっきりした目的はないが、中国語を学んでみたいと思ってる人は、下記を参考にしてはどうでしょう。

 

語学全般には、言える事ながら、中国語ならではの魅力もあります。

遊びに

中国は大きな国であり、また神秘的な国でもあるので、観光に行ってその魅力にとり付かれる人も、少なくありません。

 

一度行ってみたら、何度も行きたくなったという人もいるでしょう。やはりまずは、自分が旅行した時に、不自由なく遊びたいや、中国の文化にも触れてみたいなどが、中国語を学ぶ目的でも良いです。

 

やはり自分で話が出来る事が一番です。

 

旅行や中国の文化に触れたいが、中国語を学ぶ目的でも楽しいでしょう。

仕事に

定年後に自分で起業をしたいと考えてる人も、中国語は魅力的かも知れません。

 

日本でビジネスを起業するにしても、または、中国に渡航して、中国でビジネスを始めるにしても、中国語が喋れて、中国を視野にいれながらビジネスが考えられたら、大きなチャンスが生まれるかも知れません。

 

もちろん、どんな仕事をするかですが、現在の中国には大きな魅力がある事は間違いありません。

 

そこを見越しての、中国語を学んで、今後に活かす事を考えて、今の内から準備するのも、一つの良い方法でしょう。

ボランティアにアルバイト

現在の日本に来る中国人の多さは、ご存知のように大変な数に昇っております。

 

それに伴って、中国語が喋るれ人の需要も高くなっております。

 

大きな都市だけでなく、地方の観光地にも沢山の中国の人は、観光に訪れて来るので、地方の観光地などでも必要とされています。

 

収入はなくても、通訳としてボランティアで人助けをするのも、充実した日々になりますし、アルバイトとしても求められて働けるので、幸せ感を味わえながらの仕事が出来るのです。

 

語学を学ぶということは、それを活かしてこそです。