陶器市巡りの参考になる書籍

陶器市巡り趣味をより楽しむには、はやりやきものについての知識は持っていた方が良いですし、産地ごとのやきものの特徴などを知っていると陶器市に行っても面白味が違います。

 

やきものについてのウンチクが解るような書籍や、陶器市巡りの参考になる書籍を紹介します。

 

陶器市 書籍

陶器市巡りの参考書籍一覧

やきものの里めぐり

 

 

この本は有名な窯元と少しマイナーな窯元まで紹介されているので役立ちます。焼き物の特徴はもちろん紹介されていますし、更にまわりの里山の風景やカフェ、料理屋なども掲載されているので陶器市巡りには持っていたい一冊になります。

 

 

知識ゼロからのやきもの入門

 

 

これから陶器市巡りを始める人で、陶器についても初心者という人向けでの入門書です。装飾や産地、作家、形、選び方などが解説されています。手入れの仕方なども解説されて、初歩の疑問を解説してくれています。

 

 

すぐわかる産地別やきものの見わけ方

 

 

産地ごとの技法や素材、伝統などの違いを解説しています。見分けのポイントが解るので、これからやきものを趣味にしようという人に参考になります。専門的な事もイラストで解りやすいです。

 

うつわ作家名鑑

 

 

注目のうつわ作家100人の作品カタログや、うつわにこだわる料理店に教わる料理とうつわの上手な組み合わせ方なども紹介されています。うつわ作家さんに視点をあてての内容が面白いです。

 

ここでは4冊を選んで紹介しましたが、器ややきもの、陶器で書籍を探すととてもたくさんあります。

 

書籍の多さと人気は比例しているので、それだけ多くの人を魅了するのが器です。

 

他にもたくさんの書籍があるので色々と探してみてください。

 

下記では『やきもの』で探せるようにしてあります。