室内でハーブを育てる趣味の楽しみ方

室内で楽しむハーブはいろいろな楽しみ方があります。

 

香りを楽しんだり、可愛らしい花や爽やかな緑を楽しむ事もできます。

 

ハーブ 趣味

室内ハーブとは

そしてキッチンなどで育てながら、フレッシュハーブをちょっと摘んでは料理などに入れたり出来るのも室内ハーブの楽しみです。可愛らしいハーブを育ててみましょう。

 

一般的にハーブというとヨーロッパなどで有用な植物の事を言います。

 

薬草や調味料、香草やハーブティー、更には染料にも使われる多種な用途に使われる植物の事をハーブといいます。

 

現在は、植物に含まれる成分が生活に役だち有効に利用できるものであれば広くハーブというようになりました。

 

ハーブ本来の楽しみはそのままに、室内で育てる事で、よりハーブを生活に密着する事で楽しもうとする趣味です。

 

スポンサード リンク

ハーブの用途

薬草・・・ハーブによって利尿作用、消化作用、強壮作用、鎮痛作用、消炎作用、抗菌作用などの効果があるので薬草として利用できます。

 

ハーブティー・・・ハーブティーは色や香りを楽しむだけでなく、ストレス解消に役立ったり、薬草と同様の効果があったりします。

 

スパイス・・・風味や香り付けに利用されたり、香辛料として食欲増進にも役立てたりします。

 

ポプリやドライフラワー・・・ハーブによっては乾燥させてドライフラワーを楽しんだり、ポプリにして香りを楽しむ事も出来ます。自分で匂い袋を作って、楽しむ事も出来ます。

 

鑑賞用・・・観賞用に部屋に置く事で、可愛らしい花や、爽やかなグリーンを楽しませてくれたり、芳香としても楽しむ事が出来ます。

 

エッセンシャルオイル・・・ハーブから抽出したオイルで、お風呂に入れたり、肌に付けてマッサージしたりと化粧品としても高い効果があります。

楽しみ

ハーブと一口に言っても、色々な用途や楽しみ方が出来るので、工夫次第でホントに楽しい趣味になります。

 

ハーブを育てる楽しみから始まって、用途に合わせて色々なハーブ趣味にチャレンジしてみましょう。

 

ちなみに自分でハーブ石鹸を作る事も、以外にも簡単に出来てしまいます。

ハーブ選び

多くのハーブは地中海原産で、暖かく乾燥し、日光が良く当たる所を好みます。

 

室内でハーブを楽しむ事は、お手軽で簡単ではありますが、何のハーブを育てるかは考える必要があります。

 

大きくなりすぎるハーブや、根が深くまで根付くハーブは室内向きではありません。

 

そして丈夫なハーブで室内でも育てやすいハーブを選ぶ事が大事です。

 

室内でも育てやすいハーブは、
カモミール・ミント・バジル・タイム・オレガノ・パセリ・ローズマリー などです。

 

特にミントなどは、丈夫でしっかり育ってくれます。

すぐに始められるセット

すぐに簡単に始められる栽培セットがあります。

 

栽培の為の土や炭が入っていて、部屋や食卓で、きれいな花や薫りたつハーブを育てられるセットです。

 

季節を選ばずに始められるので、やってみようかな。と思ったらすぐにでも始められるセットです。

 

楽天の室内ハーブからも色々なハーブが見つかります。

室内ハーブの注意点

ハーブは日光が大好きです。

 

室内で育てられるハーブでも、もちろん日光が大好きなので、窓際などの日が当たる所に置いてあげましょう。

 

室内の夏の日中はかなり暑くなります、暑さは大丈夫ですが、湿度は苦手です。多湿は注意しましょう。

上手に育てよう

ハーブは元々自生している植物です。甘やかしは禁物で、肥料をあげ過ぎると香りが弱くなったり、水をあげ過ぎると枯れてしまいます。

 

ポイントは、乾燥気味にする。
しかし水をあげる時はたっぷりとあげる。
肥料は基本的にいりませんが、日当たりの良い所に置き、太陽の恵みは与える。
そして多湿に注意です。

 

魅力満載の素敵な室内ハーブ趣味を始めましょう。