大人の塗り絵の画材選び

大人の塗り絵に使う画材は、色鉛筆やクーピー、クレパス、水彩色鉛筆、水彩絵具など色々とあります。

 

クーピーやクレパスなどは、画材と塗り絵がセットになっているものがあるので、初心者はセットで選ぶ方が良いです。

 

間違った画材を選ぶ失敗もないですし、必要なものが揃っているので無駄な買い物をしなくて済みます。

色鉛筆を選ぼう

では、画材選びで紹介するのは何か?

 

大人の塗り絵を楽しむのに、一番手軽で一番使いやすいのは色鉛筆です。なのでどんな色鉛筆が良いのかを見ていきましょう。

 

どのような色鉛筆を選べば良いのでしょう?

 

色鉛筆の色数は36色がおススメです。多ければ多いほど塗る楽しみはあります。

 

しかし、色数が多いと実際には使い切れないです。100色の色鉛筆などがあったら最高ですが、実際は100色を使い分ける方が難しいです。

 

なので、一番ちょうど良いのが36色なのです。これ以下の色数では、趣味として楽しむには少ないです。

 

多ければ多いほど塗り絵を楽しむには良いので、お小遣いに余裕がある人は色の数が多いので良いです。

 

ただ、気楽に趣味を楽しもう!と言う人は、36色でちょっと良い色鉛筆を選べば良いでしょう。

 

もう一つ色鉛筆を選ぶ時の注意点は、1色でも買い足せるものを選ぶということです。

 

同じ”赤”でも色鉛筆の種類によって、色合いや質感などは違います。

 

いつも描いてる色鉛筆と違うものを使うと、描いてる感触なども違ってしまいます。

 

色鉛筆は良く使う色は決まってくるので、その色だけが先に無くなってしまいます。その為に、1色でも買い足せる色鉛筆を用意しておいた方が良いです。

三菱ユニカラー36色

三菱鉛筆 ユニカラー色鉛筆 36色

 

三菱鉛筆のユニカラー色鉛筆です。普通の色鉛筆は36色で1000円台からありますが、この色鉛筆は3000円台くらいはします。

 

趣味として楽しむにはこのような色鉛筆を使うと最高です。

 

楽天市場⇒三菱鉛筆 ユニカラー36色
アマゾン⇒三菱鉛筆 ユニカラー36色
ヤフーショッピング⇒三菱鉛筆 ユニカラー36色

 

ショップによって価格は違うので、一通り目を通した方が良いです。

水彩色鉛筆

ファーバーカステル アルブレヒトデューラー水彩色鉛筆 36色

 

水彩色鉛筆は、色鉛筆で描いた後に水で伸ばすと水彩画のようになる色鉛筆です。

 

その中でもこの水彩色鉛筆は、高級な色鉛筆です。

 

趣味としてやってみようと思う人は、少し背伸びをした画材を用意すると続ける事もできるので高級画材も良いですよ。

高級な色鉛筆

ファーバーカステル ポリクロモス 色鉛筆 36色

 

高級色鉛筆です。

 

高い分純度が高くて顔料成分を豊富に含んだ鮮やかな色調は、多様な素材への表現が可能です。

 

耐光性も素晴らしくて長時間も維持できるのも嬉しいですね。

ステキな色鉛筆で楽しみましょう

色鉛筆自体はそんなに高い物ではないので、趣味を楽しむ為の画材なのでお気に入りのひとつを選びましょう。

 

36色で3000円くらいしますが、長く使えてとても楽しめるので、価格以上の価値は実感できます。

 

楽しい大人の塗り絵趣味を始めてみましょう!