水墨画趣味の楽しみ方

水墨画は西洋画とは違った東洋の独特の風合いある絵が楽しめる趣味になります。

 

墨の単色でありながら、その濃淡や明暗などで奥行き感がある絵で表現をできるので、たくさんの色を使った色彩豊かな絵とは違った面白みがあります。

 

水墨画 趣味

水墨画趣味

水墨画は墨が織り成す芸術です。

 

絵の技法は色彩豊かなものが多くあります。しかし水墨画の基本は墨一色で表現します。

 

墨の濃淡や明暗、ぼかしなどで表現するその作品の壮大さや奥深さ、奥行き感のある単色の不思議はとても魅力的です。

 

単色から繰り広げられる絵の魅力は、沢山の色を使った作品とは一味も二味も違う魅力があります。

 

スポンサード リンク

水墨画とは

水墨画とは、墨によって描かれた絵画の事で、墨絵や墨画とも言います。

 

墨一色で墨の濃淡やぼかしで、色彩感覚や立体感を表現するとても魅力的な絵画の事です。

 

東洋絵画の一形式で日本などの東アジア文化圏で独特の発展をみせ、森羅万象を描き出そうとしたものです。

 

ただ流派によって違いあったり、墨だけを使う絵を水墨画と基本は言いますが、人によっては色を使う方もいますし描く絵によっても違いはあります。

水墨画を始めてみよう

絵画の多くは、色彩豊かな絵画がほとんどで、単色で表現をしている絵画は多くはありません。

 

シンプルながら表現力豊かな絵画をやってみたいと思ったら、水墨画をやってみましょう。

 

単色だから難しい。単色だから面白い。単色故の表現の仕方があって、その魅力は独特のものがあります。

 

水墨画にも、沢山の色を使ったのもがあります。しかし、単色だからの良さがあるので、水墨画ならではの世界を体感して、その魅力的な趣味を始めましょう。

水墨画を見てみよう

水墨画と聞いて正確にイメージ出来ない人も多くいると思うので、まずは、水墨画の作品を見てみるのも良いでしょう。

 

 

10大作家による描法と作例100選という事で、素敵な作品を見る事も描きたいと思う趣味はじめの一歩です。

 

墨一色の表現で、その奥行き感や立体感、そして躍動感なども感じられます。

 

水墨画と聞くと少し古いイメージを持った人もいるでしょう。しかし実際の水墨画を見るとそんな事は一切無く、奥深い魅力を感じられます。

 

このような作品を自分でも描いてみたいと思うような魅力が水墨画にはあります。

難しさと始めやすさ

いきなりすごい作品を見ると、素晴らしいと同時に、こんなの無理?と感じてしまう人もいるでしょう。

 

数ある絵画趣味のなかで、水墨画はその手法において最も潔い絵とも言われます。何しろ一筆一筆が真剣勝負で描き直しの出来ないものですから。

 

難しくも感じる。と同時に思い切り描ける絵とも言えます。

 

水墨画は天真爛漫に自由自在に描いて、表現をすれば良いともされています。つまり考えすぎずに、簡単なものから描けば良いだけの事です。

 

もちろん趣味の絵画を堅苦しく考えてしまうと、楽しいものが楽しくなくなってしまうので自由で良いのです。その点は、始めやすく簡単に始められる趣味といえます。

 

日本の四季に沿った花、動物、人物、行事、風景や仏像など、自分なりのテーマを持って簡単なものから初めてみましょう。

簡単に始めよう

絵画趣味を始めるのに、必要な画材類は色々あるものです。

 

しかし水墨画は、『取り合えずやってみよう!』だけなら書道の道具でも始める事が出来ます。

 

自宅に子供や孫の書道の道具があれば、その書道の道具で始められます。やってみようと思うならお手軽に始める事はできます。

必要なもの

書道の道具でも、簡単にチャレンジする事は可能です。しかし本格的にやるようになると、やはり専用の用具が必要になります。

 

今はすごく便利になったもので、水墨画セット水彩画セットなどが販売されています。

 

 

個別に何を揃えて良いのか解らない人はもちろん、個別に揃えるよりセットの方が安価に揃えられるのでとても良いです。

 

水墨画の独特の魅力を味わいましょう。