色鉛筆画趣味の楽しみ方

色鉛筆画の大きな特徴は、描く用具が筆ではなく鉛筆である事です。

 

この鉛筆は、細密画を描くのに一番適していて、淡くて優しい、そして繊細な絵画が描けるのが色鉛筆画です。

 

色鉛筆画 趣味

色鉛筆画とは

色使いも一度描いた所に、別な色を重ねて塗る事で、独特の色を表現する事も出来る、表現方法も豊かな絵が描けるので色鉛筆画を始めてみましょう!

 

色鉛筆で描く絵画のことです。

 

特長は鉛筆なので扱い易く、筆と違い線が細いなどがあります。

 

色鉛筆には大きく分けて油性と水性の2つのタイプがあります。

 

昔からあるタイプがいわゆる通常の色鉛筆で油性タイプです。

 

そして水性タイプとは、水彩色鉛筆と言われ通常の色鉛筆の様に描いた後、水を含ませた筆でなぞると溶け出して水彩画に変わる水彩色鉛筆です。

 

スポンサード リンク

色鉛筆画の魅力

手軽に始められるのが色鉛筆画の魅力ですが、描き込んでいくことで複雑な色合いも出す事が出来ます。

 

色鉛筆と紙があればすぐに始められる気軽さが魅力と後片付けが簡単なのも嬉しいところです。

 

薄い色から描いたり、色と色を重ねながら表現したりと、色鉛筆ならではの塗り方のテクニックなどはあります。

 

明暗・陰影など初めからすべて色で表現していき、デッサンと彩色を同時に行ったりします。

 

しかし誰もが持ち慣れた鉛筆感覚で描けるのは、一番の特長と言えます。

奥深い表現力

鉛筆画はカラフルなだけではなく、柔らかで温かな描写から描き込んだ力強い作品まで、色鉛筆画の奥深い表現力を楽しむことができます。

 

ペンや水彩絵具と併用することで、一味違った作品も描けてやさしい題材から少しずつ、さまざまな絵が描けるようになると更に自分の世界が広がることでしょう。

 

身近なものから描いてみましょう。

色々な色鉛筆

色鉛筆は安いものも沢山ありますが、安すぎるとすぐに物足りなくなる可能性があるので良く選びましょう。

 

水彩色鉛筆も安い物は、色がキレイに溶けないなどあります。

 

少し悔しいですが、色鉛筆は価格に比例するとも言われているので、自分の中で出来るだけ良いものを選ぶといつまでも使える色鉛筆になってくれます。

 

他の色鉛筆も探してみて下さい。

 

色鉛筆の繊細な絵を楽しみましょう!