紙飛行機趣味の楽しみ方

紙飛行機でも、折り紙の飛行機ではなく、高性能ペーパーグライダーを飛ばしてみましょう。

 

想像よりはるかに良く飛ぶ飛行機にビックリするはずです。

 

このペーパーグライダーを飛ばして、最高のフライトを楽しみましょう!

 

紙飛行機 趣味

紙飛行機とは

紙飛行機には折り紙の飛行機とケント紙などを切って貼って作るペーパーグライダーの高性能飛行機があります。

 

紙飛行機の会は、この高性能飛行機を使って滞空時間の長いフライトを楽しむ会です。

 

紙飛行機の愛好家は多く、全国に紙飛行機の愛好会がありますが、ほとんどの所は性別や年齢を問わず、紙飛行機が好きなら入会OKです。

 

スポンサード リンク

高性能紙飛行機

高性能紙飛行機とは、ケント紙などの厚手の紙を使って製作する模型のグライダーです。

 

簡単に組み立てられる入門用の組立キットから 競技用の高性能機やデザインのカッコイイ、オリジナル機なども製作する様々な楽しみ方があります。

 

色々な紙飛行機を持って公園に行き、フライトを楽しみましょう。

始めてみよう

最初は市販の組み立てキットで始めるのが、最も簡単でお手軽に始める事が出来ます。

 

初心者にもお手軽なキットは、千円未満からあるので、まずはキットを製作して近場の大きな公園で飛ばして見ましょう。

作り方

製作のポイントは、説明書を良く読みながら正確にしっかりと製作する事です。

 

翼は紙で出来ているのでちょっとの、たわみで飛行性能は大きく変わってしまいます。

 

この僅かな調整で飛行性能が変わってしまうのが、難しさもあり面白味でもあるので接着剤を十分に乾燥させてから飛ばす注意も必要です。

飛ばし方

キットの説明書には『飛ばし方や調整方法』が載っていませので、良く読んでおきましょう。

 

宙返りしてしまったり、キリモミや左右に反れての墜落などしたら、説明書に従って調整をしましょう。

 

ちゃんと製作して調整が適切なら、かなりの長い時間をフライトする事が出来ます。

 

キットの作り方と飛ばし方に慣れたら、『オールペーパータイプ』のキットにチャレンジもして見ましょう。

 

これは胴体もすべて紙なので製作工程が増えますが面白味も増えます。

 

ここまで来るとそろそろ愛好会の入会も考えても良いでしょう。

楽しみ方

自分だけのオリジナル機を設計したくもなって来ます。自分のアイデア、好みのデザインなど自由な発想の飛行機を作るのもとても楽しいものです。

 

ただやり始めると難しい航空力学などにも興味が湧いてきます。

 

そんな時に愛好会に入っていると判らない事や疑問点を教えてくれたりするでしょう。

 

設計して製作する楽しみ、青空の下で自分の紙飛行機が大空を気持ち良さそうに飛んでるのを見ての爽快感。

 

飛ばない紙飛行機を手を掛ける事で飛ぶようになった時はとても嬉しくも感じます。

 

そして同じ趣味を持つ仲間との楽しい一時は至福の時間となります。

 

飛ばしては拾い歩きを繰り返していると、いつの間にか1万歩以上歩いてる事もあり、健康の為にも最高の趣味になります。

 

紙飛行機の魅力を楽しみましょう!