ジョギング趣味の楽しみ方

ジョギングで健康な体を作ろう

 

ジョギングは有酸素運動で、体脂肪を燃焼させてダイエット効果があったり、高血圧症や糖尿病、動脈硬化などの生活習慣病の予防にも効果的と言われています。

 

マイペースで走って、健康維持に取り組みましょう。

 

ジョギング 趣味

ジョギングとは

健康の維持・増進、身体のコンディションづくりのために、自分のペースで楽しみながらゆっくり走る走法の事です。

 

ランニングとの違いは、ランニングよりもゆっくり走るペースで、会話が出来る状態と言われています。

 

ウォーキングから、もう少しハードな運動と思った時に、最適な運動量になります。

 

スポンサード リンク

ジョギング

運動効果があって身体の体力維持に効果的かつ、ストレス解消にも役立つので、心身のリフレッシュが出来て気持ちの良いスポーツです。

 

走り続ける事で、走る距離や時間が段々長くなって、走る快感を味わえるようになります。

 

走る喜びと、健康な身体を維持する為に、ジョギングを始めましょう。

初心者はいきなり走らない

『よし!ジョギングを始めよう』と思い立ったら、早速走りたくなるのが人情です。

 

しかし今まで、運動不足だったからジョギングを始めようと思い立った人は、いきなり走らずに身体を慣らしながら走りましょう。

 

ジョギングを趣味としようと思っても、初めからジョギングをするのではなく、ウォーキングから初めて身体と脳を走るものにしてから、ジョギングにして行きましょう。

脳だけスポーツマンは注意

昔はスポーツはしていたが、最近は5年以上スポーツらしいスポーツをしていない人は注意が必要です。

 

この人達は、脳だけがスポーツマンで体が着いて行かない事があり、脳だけが先走りをして怪我をしてしまうケースがあります。

 

とくにヒザや足首などを痛めてしまう事があるので、自分を過信せずにウォーキングから始めましょう。

2週間で30分歩ける体作り

歩く事から初めて、最初の2週間は走らないようにします。

 

出来るだけ毎日の最低2週間はウォーキングを続けていくと、ウォーキングが生活の一部にもなりますし、筋肉も出来てきます。

 

一度歩き始めて続けていくと、個人差はあっても2ヶ月後には60分くらいは走れる体になっていきます。

 

慌てず、始めはゆっくりと続けて行きましょう。

10分からのジョギング

30分のウォーキングが出来てきたら、その中の10分をジョギングにしていきます。

 

20分歩いて10分走るから、10分歩いて10分走り10分歩きと段々走る体にしていきます。

 

次に15分歩きの15分走りと段階を踏んでいきます。

自分のリズム

ジョギングをする時は、無理してスピードアップしたり息が切れるまで走る必要はありません。

 

余裕を持って30分続けられるスピードでリズミカルに走ってみよう。ジョギングの時間を延ばしていくには、リズムが必要になります。

 

ヒジを動かす事に意識をおいて腕をしっかり振って、リズムを取りながら足裏で地面を蹴っていきます。

 

リズムをつかむためには、気持ちをゆったりさせて走ることが大切です。

息は吸うより吐く事を意識

長く走るには、リズムで走ることに加えて呼吸の仕方もポイントになります。

 

ここでポイントになるのが、『吸う』よりも『吐く』を意識する事です。

 

スースー、ハーハーと呼吸もリズミカルに行うことが大切です。

 

吐く事に意識をおいて呼吸すると、肺に残った空気を吐き出して、新鮮な空気をカラダに送る事が出来るのです。

着地はかかとから

着地はカカト全体を使って、なめらかに着地するように心がけます。

 

次に着地したカカトにいち早く体重を移動し、同時にキックするイメージで足の接地時間を出来るだけ短くします。

 

そして足がタイヤが回転している様に円を描く、ローリングして行く様に走りましょう。

 

新しい趣味としてジョギングをはじめましょう!

 

スポーツの専門ショップ

 

 

トップ | 運動・スポーツの趣味一覧