クチボソ釣り趣味の楽しみ方

クチボソはとても小さな魚です。

 

その小さな魚は、大物にも引けをとらない面白みのある釣りが楽しめるのがクチボソ釣りです。

 

道具たても手軽!、近場で気楽!簡単だけど難しい釣りを楽しみましょう。

 

クチボソ 趣味

クチボソとは

クチボソの標準和名は、『モツゴ』といいます。

 

繁殖力が強く、よほど汚い水でなければ河川の中流から下流、池など、どこにでもいる身近な魚です。

 

道具も簡素で、誰でも気楽に楽しめるのが、クチボソ釣りの良い所です。

 

スポンサード リンク

簡単!難しい?

どこにでもいて釣りやすい魚のクチボソではありますが、釣り人の間では、『エサ取り名人』として知られています。

 

クチボソ相手に遊ぼうかと、田んぼ脇の用水路に釣り糸を垂れても、気が付けば遊ばれているのは、自分の方だったりするくらい、ハリに付いたエサを上手にかすめとっていきます。

 

この手ごわい相手のクチボソを、いかにしてハリ掛かりして釣るかが面白みの一つです。

仕掛け

仕掛けは釣り場や狙うポイントによって変えます。

 

止水である野池や沼などはウキ釣りで、用水路などの流れや障害物周りならミャク釣りが適しています。

 

エサは練りエサや小さなキジでも良いですが、一番良いのは赤虫です。

 

エサ取り名人が相手だけに、エサとエサの付け方は重要で、赤虫を付ける際は頭の黒い部分にハリ先で引っ掛けるように刺すのが良いです。

釣り方

クチボソ釣りでは、エサが底を切るようにウキ下調整する事が重要です。

 

ウキが横に大きく動くアタリは沼エビの仕業なので、その時はウキ下を10cmくらい短くして、底から少しエサを離してみましょう。

 

微妙なアタリがウキに出てから少し待つと、より鮮明なアタリが来るのでこの時に竿を軽く立てて合わせます。

 

クチボソは口が弱いので、早合わせや強い合わせは禁物です。

 

大きな魚を強いタックルで釣るのと、小さな魚を軽いタックルで釣るのでは、同様な面白さがあります。