コイの投げ込み釣り趣味の楽しみ方

コイ釣りは大物を釣る楽しみがあります。

 

川魚であっても、1m以上に成長する為、とてつもない強い引きを体感する事ができます。

 

仕掛けを投げたら後は待つだけなので、初心者でも入門しやすい釣りです。

 

コイ 趣味

コイ釣りとは

コイは生命力が強いので、水質がさほどよくない環境にも適応出来る為、全国の河川や湖、池などに幅広く生息しています。

 

街中を流れる下流域でも気楽に釣る事ができる魚です。もっとも身近な川釣りの対象魚のひとつです。

 

スポンサード リンク

ブッコミ釣り

投げ込み釣りは、ブッコミ釣りとも言います。

 

仕掛けを投げ込んだら、あとは魚が掛かるのを待つだけなので、初心者にも入門しやすい釣りです。

 

しかしコイは1mを超すほどに成長する魚であり、大型の引きはとてつもなく強いものです。

 

釣り方は簡単だからと言って、決して侮ることの出来ない対象魚になります。

道具類

竿は長さ4m前後の投げ竿を使用します。

 

投げ釣りの竿投げ釣りの竿
リールは竿に見合った中型のスピニングリールを用意します。

 

スピニングリールスピニングリール
仕掛けは専用の吸い込み仕掛けを使用します。

 

吸い込み仕掛け吸い込み仕掛け
オモリがセットになった市販仕掛けなら簡単に始められます。

釣り方

投げ込み釣りは、ここぞと決めた場所に腰を据えてアタリを待つ釣りなので、最初のポイント選びが重要です。

 

狙い目は、橋脚周りや消波ブロック、深場との境目のカケアガリ、そして乱杭などの障害物付近などがポイントになります。

 

ポイントを決めたら練りエサを作ります。

 

投入後は竿をサオ立てに置き、竿先にアタリを知らせる為に鈴を付けます。

 

この時、竿先が少し曲がるくらいまでリールを巻いて、道糸を張っておくとアタリが伝わりやすくなります。

アタリ

アタリが出ると、やがて鈴が小さく鳴って、最初のアタリを知らせますが、このアタリではまだアワせません。

 

じっと我慢して竿先に3回4回と強い引きが伝わってから、竿を大きくあおってアワせます。

 

最初のアタリからアワセまでのドキドキ感は、一度味わったら病み付きになるほどの面白さがあります。

効率的に釣ろう

コイの投げ込み釣りは、竿を一本ではなく、最低3本くらいを三方に向けて投入します。

 

尚且つ、投入距離なども近・中・遠と投げ分けて釣ると効率良く釣る事ができます。

 

魅力あるコイ釣りを楽しみましょう!