ハヤとヤマベ釣り趣味の楽しみ方

ハヤとヤマベは、全国各地の河川で釣れる魚で、川釣りの代表的な対象魚として親しまれている魚です。

 

『川釣りを始めたいな』と思ったらハヤとヤマベ釣りから初めて、川釣りの楽しさを満喫しましょう。

 

ハヤ 趣味

ハヤとヤマベ釣り

ハヤの標準和名はウグイ。

 

ヤマベは関東地方の呼び名で、関西地方ではハエなどと呼んで、標準和名はオイカワです。

 

ハヤとヤマベは環境への適応性が強く、繁殖力も旺盛な為、全国に広く分布し、大都市近郊でも元気に泳ぐ姿を見る事が出来る身近な魚です。

 

また、生息域も中流から下流までと広く、身近で釣りやすい魚です。

 

スポンサード リンク

釣りやすい

ハヤは温水性の為、上流ではそれほど大きくなりませんが、下流では尺物と呼ばれる30cmくらいまで育ち、引きの強さも味わえます。

 

そんな面白い対象魚も、気軽に釣りを楽しめるし、初心者が最も犯しやすい失敗の『魚のいないところで釣る』というミスを犯さなくてすみます。

 

ハヤもヤマベも、流れに点在する様々なポイントで釣りが楽しめるので、釣りやすい対象魚になります。

川釣りの練習用対象魚としても最適

ハヤやヤマベは一年中釣る事ができますが、特に春先は深場から浅場に出てきて群れを作るので一番釣りやすいシーズンになります。

 

釣り方や道具が変わっても、流れの中を釣るという行為は、すべての川釣りの基礎になります。

 

釣り方は、川釣りの基本になるウキ釣りとミャク釣りになります。

 

一年中釣れるし、川釣りの基本的な釣り方の、ウキ釣りもミャク釣りも楽しめるので、川釣りを始めるのに最適な対象魚です。

ウキ釣り

ウキは玉ウキやトウガラシウキ、棒ウキなどがありますが、ウキの動きでアタリを察知するには変わりがありません。

 

ウキ釣りで大切なところは、ウキとオモリのバランスを取る事です。

 

オモリが重過ぎて、ウキが沈んでしまってはオモリの役目が無くなってしまいますし、逆にオモリが軽すぎると食いが悪くなったり、わずかな変化がウキに出ないので、いつの間にかエサだけが食われているような事になってしまいます。

 

ウキの浮力をギリギリまで落とすように、オモリの重さを調整しましょう。

ミャク釣り

流れの強い流心や瀬、川の流れが複雑の時は、ウキが激しく動いてアタリが解らなかったり、ウキの動きにつられてエサが不自然な動きになってしまう事があります。

 

そんな時は、仕掛けからウキを外したミャク釣りがオススメです。

 

糸もワンランク細くして、水の抵抗を抑えるとより効果的になります。

 

他にもフカセ釣りや毛ばり釣りなどもあり、手軽に川釣りが楽しめるので、ハヤとヤマベ釣りを楽しみましょう。