ボート釣り趣味の楽しみ方

ボート釣りは自分が船長です。

 

いつ出港していつ戻ってくるのかは、すべて自由です。

 

そんな魅力がボート釣りにはあります。

 

ボート釣り 趣味

ボート釣りとは

自由な釣りを楽しみながらも、船釣りと同じように、沢山の魚や大きな魚を釣る事も出来るのも嬉しいところです。

 

ボート釣りには、大きく分けてマイボートとレンタルボートの違いと、モーターボートと手漕ぎボートがあります。

 

一番のお手軽で簡単なのが、レンタルボートの手漕ぎです。

 

通常は2人乗りの手漕ぎボートで価格も、船釣りよりは、かなり安く利用する事が出来ます。

 

ボート店の利用法や注意事項を守れば、安全ですし、釣果にも恵まれ、自分だけの自由さがある、気楽で沢山釣れる釣りが楽しめます。

 

スポンサード リンク

ボート釣り

海釣りの中で、ボート釣りほど自由な釣りは無いかも知れません。

 

大海原の海上でボートに乗っているのは、自分ひとりか相棒のもう一人しかいません。

 

ポイント選びから、対象魚を何にするのか、何時から何時まで釣るのかもすべて自由気ままに決める事が出来るのです。ここが乗合船とは大きな違いです。

 

ボート釣りの魅力は当然船釣りなので、お魚さんのいるポイントの上までダイレクトに行ける事です。

 

陸釣りと船釣りを釣果で比較した場合、圧倒的に船釣りに軍配が上がるでしょう。攻めれる範囲が全然違うので当たり前の事です。

 

ボート釣りは、陸釣りの自由さと、船釣りの釣りやすさの両方が堪能できる釣りになります。

色々なボート

マイボートは、ボートを自分で購入してボートを所有することです。

 

購入すれば、自由度は一番ですが、やはり費用は数十万円から数百万円と掛かります。

 

尚且つ、モーターボートなどになると、船舶免許も必要になり、取得するまでの費用も時間も掛かります。

 

趣味で手軽に始めるには、かなりの覚悟がいるのでマイボートは、後々の楽しみにとっておきましょう。

 

そこで一番のお手軽で費用も安いのは、レンタルボートの手漕ぎです。

 

免許などは必要はないので、すぐに乗る事が出来ますし、費用も通常の船釣り代の、半分程度で済みます。

 

そこで、手漕ぎボートについて紹介していきます。

手漕ぎボートのメリットとデメリット

ボート釣りの欠点としては、手漕ぎボートであるという事です。

 

・遠くの沖合いには行けない。
・自分で漕がなければいけない。
・安全管理は自分でしなければいけない
などがあります。

 

しかし・・・
遠くに行けないのはしょうがないですが、釣果は負けず劣らずに釣る事が出来ます。

 

ボート釣りのイメージは小型魚が多い釣りと思われがちですが、決してそんな事はなく、ポイントやシーズンを見極めて狙えば、嬉しい高級魚がクーラーボックスに一杯になる事も珍しい事ではありません。

 

自分で漕がなければいけないのも、慣れてしまえば大丈夫です。

 

慣れないと腕だけで漕ごうとします。それではすぐに疲れてしまいますが、全身を使って漕げば、丁度良い運動程度の感覚で漕げるようになります。

 

安全管理もルールを守る事と基本の常識があれば大丈夫です。

 

ボート店には、基本的な利用上の注意があったり、その海に適した注意事項があります。ボート店で定めている海域外へは、ベタナギの日でも出ないなどのルールを守る事。

 

そして自分が行こうと思っている海域に低気圧が来てないかなど、天気を確認する事です。

 

楽しみにしていても前日に天気が悪いと判ったならば、止める勇気を持てば安全です。安全の基本は無理をしない事です。

 

無理な釣行をしなければ、とても安全ですし、沢山の魚や大きな魚を狙える事が出来る釣りになります。

レンタルボート店

レンタルボートというと、公園などの池にあるレンタルボートを思い浮かべますが、海にもちゃんと釣り用のレンタルボート店があります。

 

一日や半日などの料金設定でとてもリーズナブルです。

 

ただどこにでもある訳ではないので、事前にボート店の場所と料金、オープン時間などを調べておきましょう。

 

ボート釣りは、陸釣りや船釣りに比べて、一般的には知られていない釣りになるので、多少のハードルの高さを感じるかも知れませんが、ボート釣りを始めた人は、『良いことずくめだよ』と言う方が多いので、初めてしまえば、魅力に取り付かれる釣りになります。