堤防釣り趣味の楽しみ方

足場が良く安全なのに釣れる場所でもあるので、初心者からベテランまで楽しめるフィールドが堤防!

 

季節に合わせていろいろな魚が釣れるので、一年中面白い釣りが楽しめます。

 

沢山のお魚を釣って、食べて魅力を満喫しよう!

 

堤防釣り 趣味

豊富な魚が寄る場所

防波堤の周辺は、岩石が散在し海草が茂って魚のすみ家になっています。

 

堤防の壁面には貝類がつき、海草にからむ小エビ、小魚など魚の好むエサも豊富なので、それを狙って回遊魚も寄って来ます。

 

防波堤を回る潮流も堤防の形態によって様々に変化して、魚が寄りやすいという防波堤の構造に合わせて絶好のポイントになります。

 

スポンサード リンク

堤防はこんな場所

海岸線から沖に向かって突き出している堤防は、いながらにして岸から離れた沖合いで釣りが楽しめる便利さがあります。

 

日本は四方が海に囲まれてるので、無数の港があり比例して防波堤もたくさんあります。

 

防波堤釣りは沖釣りと違って、船の出る時間などの制約がなく、自由に出かけて好きな時に帰れる気安さもあってもっとも手軽に海釣りが楽しめる場所になります。

堤防の種類

堤防は名称の違う堤防や形の違う堤防などがいろいろありますが、名前の通リ役目は同じで、港を荒波から守る為に作られたのが堤防です。

 

しかし無数に堤防はあるので、環境によっての注意が必要になります。

 

内湾に面した防波堤での釣りは、足場が護岸されていて、波も穏やかな場所が多く、安全に釣りを楽しめる代表的な場所になります。

 

同じ堤防でも外洋に面した堤防では、波を消す為に消波ブロックが入っています。このブロックの上で釣る場所ではまず足場が悪い事が多いので注意が必要です。

 

そして同時に内海に比べて、大きな波が来る可能性もあるので、安全の為にライフジャケットなどもあった方が安心です。

 

堤防でも、陸続きになっていない沖堤防があります。渡船で渡してもらう様な堤防ですが、釣りとしては釣り物の多くなって、大きな魚が釣れる事から人気があります。

 

しかし安全面にはしっかりとした対応が必要です。

立ち入り禁止あり

防波堤には、釣り禁止や立ち入り禁止場所などがあります。

 

立ち入り禁止場所には入らないように気をつけましょう。

釣れるポイント

海を見ていると、どこにでも魚はいるように思いますが、決してそんなことはなく、やはり魚の集まりやすい場所というのがあります。

 

この集まりやすい場所がポイントになるので、堤防のポイントを知りましょう。

エサの集まる場所を探そう

魚が好むエサがある場所はどこか見渡します。エサとなる小生物は壁面につく貝類、海草にからむ小エビ類、岩礁地にいる子ガニ、砂泥底のゴカイ・イソメ類です。

 

海底にあるゴロタ石や岩、捨石、クズレ石があるような所は、魚が身を隠せるので絶好の場所になります。海藻も同じ理由で魚の集まる場所になります。

 

基本は、水の変化がある所と地形を考えてポイント選びしましょう。

基本的な狙い目

水の変化と潮流は、防波堤の形態で流れが違います。

 

初心者は中々流れを見るのも難しいところでしょう。そこで地形からの狙い目を知っていると初めから狙いにいけます。

 

堤防の先端は必ず流れがあるので、先端部は最高のポイントになります。

 

人気があるポイントなので、他の人がいる事が多いですが、先に釣っている人がいなければ、ぜひ狙いたいポイントになります。

 

ケーソンは狙い目。堤防と堤防の継ぎ目も潮の流れがあってポイントとしては魅力があります。

 

内側と外側の潮通しは、サラシも生じて単調な堤防釣りのポイントとしては一級になります。

 

堤防のくの字に曲がる地点も、潮が変化しているので狙う価値のあるポイントです。

 

河口付近は、対象魚によって異なりますが、汽水粋に入る魚にはうってつけの場所で、シーバスなどを狙うには最適なポイントになります。

魚の習性

堤防釣りでは、シーズンにもよりますが多彩な魚が釣れるものです。

 

その対象魚の習性を良く知って、釣るポイントをつかみましょう。
・上層・中層・下層のどの泳層を泳いでいるか
・砂底をすみ家にしているか
・移動性の激しい魚か
・主に何を食べているか

 

初心者にとってもベテランにとっても、堤防は最高のフィールドです。

 

楽しい堤防釣りを始めましょう!