投げ釣り趣味の楽しみ方

堤防から高級魚のヒラメやマゴチの大物を狙って楽しみましょう。

 

ヒラメって言うと沖釣りのイメージがありますが、産卵期の6〜8月ぐらいになるとサーフの波打ちや堤防近くにも寄って来ます。

 

そこを狙って高級魚を釣ってしまいましょう。

 

投げ釣り 趣味

堤防からの大物狙いの投げ釣り

堤防からの投げ釣りでも、大物のマゴやヒラメなどを狙う事が出来ます。

 

仕掛けは市販のものに生きエサのアジやイワシを付けてブッコンでおくような簡単なものです。

 

高級魚の一発大物の魅力を堪能出来る釣りです。

 

スポンサード リンク

大物も狙える

釣りにおいて絶対にこうしなければいけないと言うものはありません。自由にアイデアを持って楽しめば良いのです。

 

堤防からの投げ釣りも、もちろん通常の投げ釣り仕掛けをセットして、シロギスやカレイを狙っても良いです。

 

ちょい投げよりは、狙える範囲が広くなるので釣れる可能性も当然高くなります。

 

しかしここでは、一発大物狙いを紹介します。堤防からのお手軽釣りのサビキ釣りやちょい投げ釣り、そして投げ釣りと全部楽しんでしまう作戦です。

 

一発大物は一日に何度も釣れるものではありません。もしかしたら一匹も釣れないかもしれません。そこでメインはサビキ釣りとちょい投げ釣りを楽しみながらの、一発大物狙いの投げ釣りです。

 

サビキ釣りで釣れたアジをエサにして釣るのです。アジを背掛けにして、ポイント目掛けて仕掛けを投入します。後はしばらくサビキ釣りなどを楽しみながら待ちます。

 

サビキ釣りの小魚で遊びながらも、常に大物がヒットしてくるのではないかというワクワク感がたまらない釣りになります。

意外と簡単

竿やリールはちょい投げ釣りほどお手軽ではないですが、大物狙いの仕掛けは市販の仕掛けで良いのが沢山出ていますのでセットするだけなので簡単です。

 

アジの生きエサ仕掛けは、思いも掛けない大物がヒットしてくる可能性があるので楽しみは十分です。

色々な道具

釣り具としては、投げ釣り用の竿があると良いですが、竿は磯竿磯竿3号から5号の柔らかい方が食い込みが良いので、磯竿も良いです。

 

リールは投げ釣りリール投げ釣りリールや中型から大型のスピニングリールを使用します。

 

ラインラインはナイロンの3〜12号のテーパーラインかPEラインの1.5号にPEの力糸4号程度が良いでしょう。

 

エサは生きエサの真イワシや豆アジがベストです。真イワシはすぐに弱ってしまうので、豆アジが良いので、サビキ釣りで釣ったものをエアーポンプで生かしておきましょう。

 

仕掛け仕掛けは市販のヒラメやマゴチ用の仕掛けを使います。孫針付が良いです。遊動天秤とオモリの7号程度があればOKです。

 

後は、仕掛けを生きエサにセットしますが、弱らないように水の中で付けます。生きエサの口の上から鼻に掛けて刺し、孫針は腹ビレの腹に刺します。

 

投入は、仕掛けが外れない事と、弱らせない様に静かに投入します。後はワクワクしながら待ちますが、アタリがあっても慌てずに、しっかり飲ませてから合わせる為に、20・30秒くらい我慢して合わせます。