撮り鉄趣味の楽しみ方

鉄道趣味の中でも、最も人口が多く王道中の王道と言えるのが撮り鉄です。

 

ただ撮り鉄の中にも、車両をカタログ的に網羅したい人と、鉄道が主役ながらも風景との一体として、美しい自然の中を疾走する鉄道を撮りたい人とその楽しみ方は千差万別あります。

 

撮り鉄 趣味

撮り鉄とは

撮り鉄と呼ばれる人達は、鉄道車両の撮影に精を出す撮影マニアの事です。

 

鉄道趣味といえばまずは車両ありきなので、それを記録する為の写真は、あらゆる鉄道趣味の根幹の所です。

 

鉄ちゃんとは、鉄道趣味を楽しむ人達の事を言いますが、鉄ちゃんの多くが何らかの形で撮り鉄であったりしています。

 

スポンサード リンク

鉄道写真の魅力

単純に電車はカッコ良く美しくもあり、そして哀愁も感じさせてくれる奥深い魅力があります。

 

田舎の単線を一両で走行する姿は、そんな哀愁を感じますし、最新車両はカッコ良く美しさを感じさせてくれます。

 

周りの風景と車両を撮る事で、最高の一枚が撮れたりします。まずは百聞は一見にしかずです。

 

たくさんの写真を撮ってみましょう。たくさんの車両を撮る喜び!そしてその中から最高のベストショットを発見したら、もう止められない趣味になります。

 

それくらい鉄道写真には魅力が潜んでおります。

撮り鉄は始めやすい

趣味の王様とも言われる鉄道趣味は、一言では言えないくらいの楽しみ方があるからです。

 

そして鉄道中毒?などと言われるくらいにのめり込む人が多いのも、それだけ魅力があるからです。

 

その魅力的な鉄道趣味の中で、車両撮影が最も始めやすく、結果がすぐに出る事からも鉄道趣味の入門として人気があります。

カメラ1台で始められる

始めは単に形の美しい車両や、憧れの車両を撮る事から初めて、鉄道の関わりを深めると『★★系』『キハ★★』などのテクニカルタームを深深に覚え始めてしまいます。

 

カメラ一台用意して、カッコ良いと思う写真を撮り続けているだけで、知らない内に鉄の迷路に迷い込んでる人がたくさんです。

 

カッコイイ→写真に収めておきたい→自分でも気が付いたら鉄道の虜になっているような趣味です。

 

カメラ一台あれば始められる趣味です。

ポイント

自分なりにテーマを持って撮り続けるとより楽しくなっていきます。鉄道写真といっても、どこを?なにを?撮るかによって全然違ってきます。

 

外見の華やかな写真を撮る。

 

車両の中を撮り続ける。

 

鉄道車両を技術的、学術的に網羅しようとカタログ的に撮る。

 

車両を撮りながらもあくまで風景の一部として撮るなどと自分なりのテーマを持つとより楽しくなっていきます。

 

風景の鉄道写真も、必ず人気スポットがあります。沢山の鉄ちゃんが集まってより良い写真を撮ろうと場所取りなどもあったりしますが、あえて人気スポットは止めて自分だけのオンリーワンの写真を撮り続けるのも魅力ある撮り方です。

カメラ選び

コンパクトカメラでももちろん撮影は可能ですが、やはり鉄道写真には一眼レフは必要です。

 

遠目から風景写真の一部として捉えるには望遠も必要になります。

 

また、安全面からも走ってる車両に近づくのも危ないものです。

 

一眼レフもホントに安くなり、レンズ2個付きで5万円台からあります。

 

フィルムも現在はメモリーがほとんどで、昔の様に現像代も多くは掛からないので手軽になりました。

 

千枚以上が当たり前のように撮れるので、失敗を恐れずにドンドン、シャッターを切ることが出来ます。

 

撮って撮って撮りまくって鉄道の魅力を満喫しましょう。