バイオリン演奏趣味の楽しみ方

バイオリン演奏趣味の楽しみ方は、ちょっとオシャレでカッコイイ楽器で、さりげなくバイオリンが弾けたらと思うと憧れるような趣味になります。

 

バイオリンはスーツなどをビシッと決めてもカッコイイですし、街中でカジュアルな恰好をしながらもステキな演奏ができたらとても様になる楽器です。

 

バイオリン

ちょっとワイルドポイ人が、バイオリンというちょっと堅いイメージのある楽器をオシャレに弾きこなしていたら!と自分が弾けているイメージしたら憧れますね。

 

バイオリンは難しいイメージがありますが、大人になってから習いたい楽器としても人気があるので大丈夫です。

 

やった事がなくてもバイオリンが演奏できるようにチャレンジしてみましょう。

 

スポンサード リンク

バイオリンの難しさと始めやすさ

バイオリンは簡単ではないので始めやすいとは言えないですね。

 

ただ、バイオリンは人気の楽器なので、大人の音楽スクールなどはポピュラーにあるのでその気になれば簡単に習う事はできます。

 

もちろん楽器はどれも簡単ではないので、その意味でのハードルはあります。でもバイオリンだから!というハードルはないので、習える環境はあるので始める事はたやすいでしょう。

バイオリンのお手軽度

お手軽度は★★の星2つです。

 

音楽教室やスクールではどこでもバイオリンを教えてくれる環境は整っていますが、やはり上手に弾くにはそれなりの練習は必要ですし、楽器としても高価ではあるので星2つです。
基本的に楽器は20万円30万円はしてしまいますが、バイオリンはもう少し高かったりしますね。

バイオリンの継続度

バイオリンは長く楽しむ事ができる楽器です。

 

椅子に座って演奏する事もできます。また吹く楽器ではないので肺活量が衰えても関係ありません。

 

また激しい曲でなくてゆったりとした音楽が楽しめるので、とても長く楽しめる楽器といえます。

お友達は?

スクールによっては、グループを作って楽しめる環境が整っていたり、積極的にグループを作ってくれるところもあるのでその意味ではお友達は作りやすいです。

 

ただ、初めは個人で演奏を出来るように楽しむので、ある程度上達してくると仲間との演奏が楽しめるようになるでしょう。

感想

恰好をバッシと決めてクラッシック音楽の舞台に立つ!という夢もステキです。こんなの無理と思う人もいるかも知れませんが、そんな事はありません。

 

地元の公民館で開催される音楽祭で発表する事などはそれほど難しい事ではありません。

 

または、ちょっと大道芸ぽっく街中での演奏などもステキです。

 

やってみると病みつきになる面白さがありますよ。