ピアノ趣味の楽しみ方

ピアノには、夢とカッコ良さがあります。もしもピアノが弾けたなら!と思うと、こんな事をしてみたいと、夢が広がりませんか?

 

好きな曲や憧れの曲を弾きたい!弾き語りをしてみたい!突然披露して周りを驚かせたい!

 

ピアノのある所で、さりげなく一曲を弾いてしまう!記念日に一曲など。

 

ピアノ

 

ピアノが弾ければロマンティックにも・・・

 

ピアノの趣味には、計り知れない夢があります。

ピアノとは

ピアノは、弦ををハンマーで叩く事で、音を出す鍵盤楽器です。

 

鍵を押すと、鍵に連動したハンマーが対応する弦を叩いて、音が鳴る仕組みになっています。

 

汎用性の高い楽器なので、演奏目的として使われるのはもちろんですが、音楽教育や作品研究、作曲などにも広く用いられている楽器です。

 

スポンサード リンク

ピアノの種類

コンサートなどをイメージすれば、グランド・ピアノを思い浮かべる人も多いでしょう。

 

しかしグランド・ピアノは、かなりのスペースをとるので、自宅で趣味としてでは、一般家庭では少し難しいでしょう。

 

そこで、自宅などでは、フレームと弦を鉛直に配して、鍵盤とハンマー部分から上下に延びるように作られているアップライト・ピアノがポピュラーです。

 

それでも、スペースの問題や、音の問題でピアノは・・・と考えてる人は、現在は電子ピアノなどもあります。

 

ヘッドホンで、演奏が楽しめる為、騒音などは一切、気にしないで楽しめるようになりました。

大人がピアノを始める動悸

大人がピアノを始めてみたいと思う動機は、

 

  • ピアノに憧れていたから
  • 好きな曲を弾きたくて
  • 生涯学習を目指して
  • 子供の頃に果たせなかった夢を
  • 新しい事への好奇心
  • ピアノが弾けるとカッコイイ

などが、始めてみたいと思う動機のようです。

 

ピアノには、始めるとこの様な、想いが成し遂げられると思う魅力があります。

 

多くの人がこの様な未来をピアノに感じるの事が出来るのです。

大人が抱くピアノへのハードル

ピアノを始めてみたいと思いながらも、二の足を踏んでしまうのが、ピアノは難しいのではないかという思い込みが原因です。

 

その原因の三大要素が、『音符が読めない』・『音符と鍵盤の位置関係が解らない』・『指が動かない』です。

 

いざ始めたいと思っても、大抵の人は、この思いで断念してしまうようです。

 

しかし、このどれもは絶対に大丈夫!という事です。

 

『音符が読めない』は、楽譜が読めないという意味ですが、誰でもすぐに読める訳ではなく、やはり慣れではあるのです。

 

なので楽譜にカナをふって、慣れていけば良いのです。

 

『音符と鍵盤』についても、やはり慣れなので、鍵盤にシールを貼って、位置を覚えていけば良いのです。

 

始めはピアノのハードルの高さを感じても、始めてみたいの思いと、慣れだけで弾けるようになっていくのです。

 

ピアノは沢山の人が大人になってから始めているので、大人の始め方も確立されていて、とても始めやすい音楽趣味の一つになっています。

ピアノを始めよう

ピアノ趣味を始める方法にスクール、教室に通うのが一番です。

 

ただ、ピアノ教室に通うのって少しハードルがあると感じる人もいるでしょう。そこで、自宅でも学べる方法があります。その一つを紹介しておきます。

 

ピアノ趣味を始めようと思ったら、ぜひ参考にして楽しんでください。

 

【ピアノ3弾セット】30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!ピアノレッスン 第1弾・2弾・3弾セット 

ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】 

【ピアノ3弾セット】30日でマスターするピアノ教本&DVDセット! 

ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】 

ピアノ教室 中村姉妹のピアノレッスン 

【ピアノ4〜6弾】30日でマスターするピアノ教本&DVD/ピアノ講座第4.5.6弾 

ピアノ教室 中村姉妹のピアノレッスン 

【ピアノ4〜6弾】30日でマスターするピアノ教本&DVD/ピアノ講座第4.5.6弾