クラシック音楽鑑賞趣味の楽しみ方

クラシック音楽は、芸術性の高い音楽で、聴いていて癒される心地よさもあり、穏やかな気持ちにもなる音楽です。

 

クラッシック

 

そして時には、腹の底から力が湧き出てくるような、迫力があるのも魅力的な音楽です。文字通り音を楽しめる音楽です。

クラシック音楽とは

クラシックを直訳すれば、古典になるので、クラシック音楽は、古典的音楽になりますが、一般的には、西洋の芸術音楽のことをいいます。

 

モーツァルトやべートベンなどに代表されるような音楽ジャンルです。

 

スポンサード リンク

クラシック音楽趣味

クラシック音楽は、ヒーリング音楽とも言われ、癒しを与えてくれる音楽と言われています。

 

確かに、聴いていて心地よく、穏やかな気持ちになる音楽です。

 

芸術音楽とも言われるので、今まで聞き馴染んでない人には、敷居の高さを感じるかも知れませんが、決してそんな事はなく、聴いてみると、どこかで聴いた事がある曲がたくさんあって、以外にも耳に馴染んでいる曲が多くあります。

CDやDVDで楽しもう

音楽を始めて聴いて、聴いた瞬間から、『この曲イイ!』と感動する音楽もありますが、聴けば聴くほど、『この曲好き!』となる音楽があります。

 

クラシック音楽は、この後者の、聴けば聴くほど好きになる音楽だと思います。

 

音楽の魅力が伝わって来て、だんだんとから、もっともっと聴きたいとなる音楽だと思います。

 

まずは、耳に馴染みのある有名な曲から聴いてみましょう。

演奏会に行ってみよう

CDなどでクラシック音楽を楽しんでいると、やはり好きな曲や好きな作曲家、もしくは好きな楽団や好きな指揮者なども出来るかも知れません。

 

その時は、ぜひ演奏会に行きましょう。

 

オーケストラの持つ”静”の中にある優しさの演奏には、心底リラックス出来る心地よさがあったり、激しい曲の圧倒的な力強さには、その荘厳さに自分の中に眠っていたパワーが溢れるような感覚が味わえたりします。

 

生のオーケストラには、CDで味わえない奥行き感が体感できます。

 

クラシック音楽を楽しんでみましょう。

私ごとですが・・・

『私がクラシック音楽を聴き始めたのは、学生時代の暇な時、父のレコードを何気なく引っ張りだしてきて、レコードのパッケージが外国の高原できれーな表紙が出で来たので、外国に憧れていた私は、聴いてみる事に・・・

 

感想はつまんない。眠くなるだったと記憶しています。

 

いずれにしてもその時には、良さなどは一切解りませんでした。

 

しばらくは忘れていましたが、勉強時に歌だと集中は出来ないし、静かすぎても落ち着かないと、歌のない音楽をと思い聴いたのが、クラシック音楽でした。

 

音楽を聴くというよりは、勉強しながら聞き流す程度でしたが、ずっとずっと聴いてるうちに、聴き入っていました。

 

今では、何かをやりながらはクラシックですし、純粋に音楽を楽しむにもクラシック音楽を楽しんでおります。

 

ちなみにその時に聴いて、クラシック音楽を聴くきっかけになった曲は、ベートーヴェン:ヴァイオリンソナタ第5番&第9番 で今でも大好きな曲です。

 

200年、300年の時を超えて今尚、親しまれて音楽には、やはり計り知れない魅力が隠されているものです。